top of page
  • 執筆者の写真Iori Imai

夜明けのジャムパン

〇繁華街(夜明け前) 自転車で新聞配達をする青年。 青年の顔から吹き出す汗・汗・汗。 自転車のカゴに一杯に入った新聞紙。 〇雑居ビル前(夜明け前) 青年が自転車のカゴから新聞紙を掴んで雑居ビルに入っていく。 空になった自転車のカゴ。 〇同ビル内集合ポスト ポストに新聞紙を手際良く入れ終え、ポケットから120円とタバコを出しながら雑居ビルから出ていく。 〇同ビル近くにある自販機 くわえ煙草で自販機にお金を入れる青年。 ボタンを押そうとしようとする時、「あの~」という弱々しい声がする。 青年が、振り返るとそこにはホームレスがいる。 ホームレス「すいません、田舎に電話をしたいのでお金をください」 しばらくホームレスを見る青年。 ホームレス「山口の田舎に電話をして、実家に帰りたいのです。」 青年、自販機からお金を戻し、ホームレスに渡す。 ホームレス「ありがとうございます。ありがとうございます。」 ホームレス、近くにある公衆電話を見て 「朝早いから、まだ俺の母ちゃん寝てるよ」 ホームレス、ニカッと笑って去っていく。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page